-季節を楽しむ旬仕事-

おやつを食べてキレイになる!日々の美活に“梨の薬膳コンポート”

猛暑で温められた空気を取り込み続けた夏が終わりをつげ、秋を感じ始めるこの季節。

外気の乾燥は深まり、お肌や髪はかさかさ、喉の乾燥トラブルが気になる季節です。

秋が旬の食材には、身体の保水力を高め、潤いを与え乾燥から身体を守る「滋陰」という働きをもつものが多くあります。

山芋、ゆり根、大根や白菜、エリンギなどのキノコなど、そして、今回取り上げる梨です。

 

秋に気を付けたい薬膳のきほんはコチラ

梨の薬膳的効能とは

夏から秋にかけて旬を迎える梨。

梨は肺を潤して、乾燥や熱からくる喉のトラブルを改善してくれます。又、夏の間に身体にこもった余分な熱をとったり、二日酔いの解消に効果があったりと、嬉しい旬の恵みです。

 

薬膳では、肌の健康と肺は、関係が深いと考えられています。肺を潤す効果のある梨は、津液を増やして乾燥を解消し、血を補い、肌を活性化することで美肌つくりをサポートしてくれる美活の強い味方です。

 

性味:寒、甘、酸

帰経:肺、胃 

 

※注意

梨は加熱すると身体を冷やす効果が弱まります。

冷え性や胃腸機能が弱い方、妊娠中の方などは生のままたくさん食べないように、加熱するなどの工夫をするように注意しましょう。

 

梨の薬膳コンポートの作り方

乾燥が気になる秋にピッタリの梨を使った薬膳おやつをご紹介します。

 

《材料》4人分

梨     1個

水     300g

白ワイン  200g

氷砂糖   50g

シナモン  1本

棗     8個

白木耳   10g(乾燥状態で)

枸杞子   小匙1

レモン果汁 小匙1

 

《下ごしらえ》

  1. 棗と白木耳、枸杞子は表面をしっかり洗い流し、棗は一晩、白木耳は20分ほど水に浸しておく。
  2. シナモンは2~3つに割っておく。

 

《作り方》

  1. 梨は皮をむいて16等分にくし切りにし、芯を取る。
  2. 戻した白木耳の付け根の固い部分を取り除き、食べやすい大きさにちぎる。
  3. 鍋にレモン汁以外のすべての材料を入れて強火にかけ、煮立ったら中火にして柔らかくなるまで20分ほど煮る。
  4. 火を止めてレモン汁を加え、粗熱をとる。

薬膳食材情報

棗 … 性味:甘・温 帰経: 脾・胃

枸杞子 …性味:甘・平  帰経: 肝・腎・肺

 

くらしのだいじ通信もくじ

MENU