-薬膳レシピ-

美味しいヨクイニンの炊き方~ニキビやこのシミ何とかしたい!肌トラブルに悩むあなたに~

吹き出物や、赤み、乾燥、かゆみなど、365日、繰り返す肌トラブルに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。肌のコンディションは、第一印象はもちろん、1日の気分も左右しますよね。

「皮膚は内臓の鏡」と言われます。高い化粧品で外側から肌を整えようと頑張ってスキンケアをしてみても、効果は一時的。身体の中からケアをすることが肌トラブルの改善・そして美肌の為には必須なのです。

お肌を内側から改善する植物由来の生薬といえば「薏苡仁(ヨクイニン)」。

「薏苡仁(ヨクイニン)」はハトムギという名の方が馴染みがあるかもしれませんね。

化粧水や、「ハトムギ玄米プーアールー~♪」のCMでおなじみのあのお茶にも入っているので、聞いたことがある方も多いでしょう。

肌トラブルに強い味方「ヨクイニン(ハトムギ)」

ハトムギの種皮を除き種子を乾燥させたものを「薏苡仁(ヨクイニン)」と呼びます。

ヨクイニン(ハトムギ)には、脾の働きを助け、体内の水分や血液の流れをよくして新陳代謝を活発にし、解毒・排泄を促す働きがあります。 新陳代謝が活発になることで、体内の余分な老廃物や古い角質の排出がスムーズになり、新しい肌細胞を作る循環、いわゆるターンオーバーの正常化に繋がるのです。

また、ターンオーバーを整えるだけでなく、デトックス効果や、胃腸の調子を整えるなどの効果も期待でき、身体の中から美肌や健康の維持をサポートしてくれる優秀な食材です。

 

年代によって変わりますが、私たちのお肌は約1か月で細胞が入れ替わります。

まずは約1か月。継続的に取り入れることで、理想の美肌を手に入れましょう。

栄養価の高いスーパーフード ヨクイニン(ハトムギ)

ハトムギはイネ科の一種で、ジュズダマ属に属する穀物です。前述したように、ハトムギの殻を除くと「ヨクイニン」と呼ばれます。

ハトムギは、米の2倍以上ものタンパク質、ビタミンB1・B2・ナイアシン・カリウム・鉄分などの豊富なミネラル類、米の8倍もの食物繊維を含みます。

その栄養価の高さから、「穀物の王様」とも称され、スーパーフードとしても注目されている食品です。

美容や健康に良いヨクイニン(ハトムギ)は、お粥はもちろんスープやサラダ、炒め物に煮物、デザートまで、様々な薬膳料理で活躍する、日々のくらしに取り入れやすい薬膳食材です。

ヨクイニン(ハトムギ)の美味しい炊き方

1.ヨクイニンをボウルにいれ、水がきれいになるまで4~5回水を替えながらよく洗う。

2.たっぷりの水に3時間以上つけておく。

3.2の水をザルで切りつけておいた水を捨てて、鍋にヨクイニンとヨクイニンに対して3~4倍の水を入れて強火にかける。

4.沸騰したら、弱火にして、芯がなくなるまで炊く。(30分~40分)

 

毎日、継続して取り入れていきたいヨクイニン(ハトムギ)。まとめて茹でておき、平たく小分けにして冷凍し、ストックしておくとすぐに使えてとても便利ですよ。

今回ヨクイニン(ハトムギ)を茹でるのに使用した鍋は、 CHASSEUR(シャスール) の鋳物ホーロー鍋です。

ふっくら美味しく炊き上がるので、10年ほど愛用しています。

お気に入りの調理器具で調理をたのしむのも、「くらしのだいじ」が大切にしていることです。

薬膳食材情報

薏苡仁(ヨクイニン) … 性味:甘・涼 帰経: 脾・胃・腎・肺

 

くらしのだいじ通信もくじ

MENU