-薬膳レシピ-

ふくれ~子どもと一緒に作りたい 黒糖を使った混ぜるだけの薬膳おやつ~

黒糖を使った鹿児島県の郷土菓子「ふくれ」。

薬膳では、黒糖は身体を温め、疲れや冷えの軽減、食欲不振や緊張をほぐす、月経痛の緩和、美肌効果などなど、多くの嬉しい効果が期待できるとされています。

一方氷砂糖は身体を冷やす作用があるので、用途によって使い分けることをオススメします。

 

天然の素材を使った優しく素朴、そして安心なおやつ。

手軽に作って日々のくらしの子そだておやつにどうぞ。

3ステップで薬膳的ふくれ菓子の作り方

《材料》

A黒糖(粉) 100g

A薄力粉  100g

A重曹  小1弱

B卵  1個

B黒酢  小1

Bメープルシロップ 大1

B牛乳  90cc

 

《作り方》

1.Aをホイッパーで混ぜる。

2.Bを全て1に合わせて混ぜる。

3.お好きな容器に入れて20分ほど蒸す。竹串を刺して生地がついてこなければ出来上がり。

(容器サイズでかわるので、竹串刺して確認してね)

たったの3ステップで出来るので、忙しいパパママにもオススメのレシピ!

粗熱をとってお好きな形に切ってお召し上がりくださいね。

薬膳食材情報

黒糖 … 性味:甘・温 帰経: 脾・胃・肝          

郷土料理「ふくれ」の豆知識

鹿児島県の郷土菓子「ふくれ菓子」。

重曹を使う為、「ソーダ菓子」とも呼ばれるほか、「ふくらかん」「ふくれかん」とも呼ばれます。よもぎや小豆、かぼちゃなど地域の食材を加えたり,サネン(月桃)の葉を敷いて蒸し,香りを楽しむ地域もあります。

昭和ごろから各家庭で子供のおやつとして作られ、スーパーにも並ぶ身近なお菓子です。

                      

(郷土料理のだいじ 鹿児島県ふくれ菓子 1/47)

 

くらしのだいじ通信もくじ

MENU