-薬膳レシピ-

春の不調にオススメの薬膳茶 ~菊花薄荷緑茶~

桜の花が芽吹き、目にも嬉しい春の訪れです。

同時に、花粉症の方にはツラーイ戦いの季節がやってきました。

 

春は、肝の気が高ぶり、ストレスがたまりやすい、イライラしやすいなどの症状が出やすい季節です。このような方は涼性の緑茶を使った薬膳茶がオススメ。

今回は、春の様々な不調にオススメの一杯をご紹介します。

<スポンサーリンク>

春の薬膳の基本について

春の薬膳では、肝機能を高めて潤し、滞っている「気、血」の巡りを活性化させる為に酸味のある食材や、発汗作用のあるものを摂ることをおすすめします。

又、冬の間にためこんだ不要なもののデトックスの為に、苦味のある食材を使った薬膳を組み立てます。

 

春の薬膳について詳しくはこちら

【 春の薬膳 きほんのき 】

菊花薄荷緑茶の作り方

菊花のお茶は、解毒作用があり、頭痛やめまい、目の疲れに効くとされています。 

特に春に出やすい症状、目の充血や痒みがあるときには、薄荷と一緒に。鼻づまりもすっきりします。疲れ目やドライアイには枸杞子と一緒に。

症状に合わせて、オリジナルの組み合わせを楽しみましょう。

 

《材料》

緑茶  6g

菊花  2g

薄荷  2g

枸杞子 お好みで

お湯  300~350㏄

 

《作り方》

1.材料をすべてポットにいれる。

2.沸かして一呼吸置いたお湯を1に注ぐ。

3.2~3分ほど蒸らして出来上がり。

薬膳食材情報

緑茶 … 性味:甘・苦・涼  帰経: 心・肺・胃 

 

菊花 … 性味:辛・甘・苦・微寒  帰経: 肝・肺

《菊花のご購入はこちら》

 

薄荷 … 性味:辛・涼  帰経: 肝・肺

 

枸杞子 …性味:甘・平  帰経: 肝・腎・肺

《枸杞子のご購入はこちら》

  

くらしのだいじ通信もくじ

<スポンサーリンク>

MENU